著作権なるほど質問箱

トップページ
更新履歴
著作権制度の概要
関連用語
最近の法改正等について
関係法令
セミナー・シンポジウムのお知らせ
著作権教育情報
ご意見・ご感想
文化庁のホームページ
著作権Q&A

Q 私が著作権を有する著作物を、第三者に利用させる方法には、どのようなものがありますか。
A  大別すると著作権を譲渡する方法と、利用を許諾する方法があります。
 著作権は、その全部又は一部を譲渡できるので、譲渡を受けた者は著作権者として、当然にその利用ができます(第61条)。利用の許諾は、著作権を保持したまま、第三者に利用を認めるものです(第63条)。なお、著作物の出版を許諾する方法の一つに出版権の設定という制度があります(第79条)。この制度は、著作権者と出版者との契約により、出版者に排他的独占的な出版権を設定するもので、出版権が設定されると、著作権者は他人に同じ作品の出版を許諾できないことはもちろん、著作権者自身も、設定期間中はその著作物を出版することができません。



著作権の譲渡
著作物等の利用の許諾
出版権の設定
出版権の登録
著作権法
第1条 - 第9条の2 第10条 - 第16条 第17条 - 第29条
第30条 - 第50条 第51条 - 第58条 第59条 - 第60条
第61条 - 第66条 第67条 - 第74条 第75条 - 第88条
第89条 - 第104条 第104条の2 - 第104条の10 第105条 - 第111条
第112条 - 第124条 附則 著作権法施行令

このページのトップへ