著作権なるほど質問箱

トップページ
更新履歴
著作権制度の概要
関連用語
最近の法改正等について
関係法令
セミナー・シンポジウムのお知らせ
著作権教育情報
ご意見・ご感想
文化庁のホームページ
著作権Q&A

Q 故人となった著名人の手紙類を展示する場合、遺族の許可が必要ですか。
A  一般的には遺族の了解を得た方がよいと考えられます。 
 未公表の著作物を著作者に無断で公表することは、著作者人格権の一つである公表権(第18条)の侵害になりますが、著作者人格権は著作者の死亡等により権利としては消滅します(第59条)。しかし、著作者の死後においても、生前であればその著作者人格権の侵害となるべき行為を原則として禁止し(第60条)、故人の人格的利益が犯されたときは、一定の遺族に法的措置を行う権限を与えています(第116条)。質問の場合については、例えば、故人の私生活が暴かれるような手紙が公表されることになると、故人の名誉や遺族の心情が問題になると思われ、遺族に無断で公表すると裁判になる可能性も考えられます。したがって、配偶者や子供がいる場合等は、後日の紛争を避けるためにあらかじめ遺族の了解を得ておく方がよいと思われます。なお、著作権の支分権の一つに展示権(第25条)がありますが、この権利は美術作品又は写真の展示の際に働くものであり、文章の場合は考慮する必要はありません。



著作者人格権
公表権
著作者人格権の一身専属性
著作者又は実演家の死後における人格的利益の保護のための措置
展示権
著作権法
第1条 - 第9条の2 第10条 - 第16条 第17条 - 第29条
第30条 - 第50条 第51条 - 第58条 第59条 - 第60条
第61条 - 第66条 第67条 - 第74条 第75条 - 第88条
第89条 - 第104条 第104条の2 - 第104条の10 第105条 - 第111条
第112条 - 第124条 附則 著作権法施行令

このページのトップへ