著作権なるほど質問箱

トップページ
更新履歴
著作権制度の概要
関連用語
最近の法改正等について
関係法令
セミナー・シンポジウムのお知らせ
著作権教育情報
ご意見・ご感想
文化庁のホームページ
著作権Q&A

Q 図書館から資料を貸し出された利用者が、その資料をコンビニエンス・ストアーでコピーすることは、許されるでしょうか。
A  現状では私的使用のためであれば、著作権者の了解なしに複製できますが、著作権法が改正され、コンビニ等での文献複写を認めた暫定措置が廃止されると、著作権者の了解なしにはできなくなります。
 私的使用のために複製(第30条第1項)に該当すれば、著作権者の了解なしに著作物を複製することができますが、本来この規定は私的使用の目的をもって、私的領域(例えば自宅)で行われる複製を認めたものであって、公衆が使用する目的で設置された自動複製機器を用いた複製は認められていません。しかし、コンビニ等で行われる文献複写については、著作権者の了解を得るための仕組み(著作権の集中管理)が整っていないこと等の理由から、当分の間の暫定措置として、複製を認めることとしています(附則第5条の2)。



私的使用のための複製
著作権法
第1条 - 第9条の2 第10条 - 第16条 第17条 - 第29条
第30条 - 第50条 第51条 - 第58条 第59条 - 第60条
第61条 - 第66条 第67条 - 第74条 第75条 - 第88条
第89条 - 第104条 第104条の2 - 第104条の10 第105条 - 第111条
第112条 - 第124条 附則 著作権法施行令

このページのトップへ